本社  :〒336-0021 さいたま市南区別所3-1-10 Phone. 048-862-2901
白幡工場:〒336-0022 さいたま市南区白幡3-6-10 Phone. 048-866-2251
URL: http://kanto-t.jp/books/entry_196/

品切:河越の姫 源平争乱と女たちの物語

品切:河越の姫 源平争乱と女たちの物語

時代の流れに翻弄されつつ、力強く生き抜こうとした女たちの運命

著者 長谷川美智子(著)
価格 952円(品切中)
発行 2008年11月28日
版型 B6判
頁数 235
ISBN 9784904006139

商品紹介

戦乱の嵐吹きすさぶ中、義経の正室として東国河越荘から都へ輿入れした百合野。時代の流れに翻弄されつつ、力強く生き抜こうとした女たちの運命。

江戸時代、見沼干拓に揺れた激動の時代を高い志を持って生き抜いた少女波留を描いた『見沼の波留』の続編『隅田川から船が来た』を併せて収録。今よみがえる見沼の歴史。

あとがき より

源義経の愛妾静は人のよく知るところですが、その影に隠れ、その存在さえ顧みられることのなかった正室(正妻)がいたことはほどんど知られていません。

彼女は河越重頼の娘で、頼朝の命により京へ送られました。政略結婚の道具でしかなかった十六歳の少女は、その後どのような運命をたどったのでしょう。過酷な戦乱の中、薄幸の一生を終えたであろう彼女に「河越殿」という堂々たる呼び名をつけ、知る人もいないその実名を「百合野」とし、ささやかな、温かい光を当ててあげようと思ってこの小説を書きました。

「見沼干拓物語」も大規模干拓工事の影でひっそりと消えた名もない女たちを書きました。一人ひとりがかけがえのない生命をもった人間であることは小説でしか描けないと思ったことが、執筆の動機です。

この作品を読んで下さった方が、河越の姫、そして見沼周辺の村人たちを愛しく思って下さればいいなと思います。

著者 長谷川美智子 略歴

東京教育大学(現 筑波大学)文学部卒業。佛教大学大学院修士課程日本文学科修了。


こちらの書籍はいかがですか?

認知症の理解とその支援

医療法人瀧田医院が開催した公開勉強会の内容をまとめた記録

紀州鷹場―埼玉県南にあった紀伊徳川家の鷹場

徳川家の高度な支配思想を総合的に研究した力作

がんにならない、がんに負けない、がんと生きる。

医療法人瀧田医院が開催した公開勉強会の内容をまとめた記録

井澤弥惣兵衛為永―見沼新田開発指導者 その人と事績

多くの写真・図版を収録した井澤研究の基本史料集

西野定夫 能面作品集

「面打ち」三十年にわたる著者が多くの作品を収める渾身の一冊

愛の歌 恋の歌

著者・坂東眞理子が女歌を通してたどる日本女性の心の軌跡

鎮魂の摺鉢山-硫黄島(品切中)

硫黄島の戦跡と今を、オールカラー写真で紹介

写真集「荒川」残したい、伝えたい 2000-2009

埼玉の母なる川「荒川」を源流から東京湾まで、丹念に追った写真集

ヒトのゲノム(遺伝子情報)は人間の健康と病気にどのようにかかわるか

最先端の医学・医療の現状と将来像を紹介する一般向け書籍

楽しみながら学ぶ旅【全国観光特産検定4級公式テキスト】

毎年6月と11月に行われる全国観光特産検定4級試験準拠問題集

堀田康弘写真集「白への憧憬」

約10年間にわたり、ひたすら白鳥を追い続けた著者渾身の写真集

63歳の挑戦 精神科医のアメリカ大陸自転車横断

新たな生き甲斐求める中高年から自転車ファンまで勇気と元気を与えてくれる1冊

田頭とみい写真集「私のネパール紀行」

4回にわたりネパールを訪れ、地元の人々と交流しながら町や山々を記録した写真集

梶山立志水彩画集「勝手気ままなスケッチの旅」

川越散策のお供に、旅のスケッチの参考書として最適な一冊

岩田省三写真集「ふるさと漫写」―― 1990 寄居町 2010

荒川流域の自然や里山の風景、夕日に映える水田、身近に咲く草花など、「寄居」の20年間を漫写


埼玉県さいたま市の印刷会社・関東図書株式会社 彩の国指定工場・子育て応援企業

本社

〒336-0021 さいたま市南区別所3-1-10
Phone. 048-862-2901  Fax. 048-862-2908

白幡工場

〒336-0022 さいたま市南区白幡3-6-10
Phone. 048-866-2251  Fax. 048-866-2104