本社  :〒336-0021 さいたま市南区別所3-1-10 Phone. 048-862-2901
白幡工場:〒336-0022 さいたま市南区白幡3-6-10 Phone. 048-866-2251
URL: https://kanto-t.jp/business/print/voicecode/

音声コード

音声コード

音声コードとは?

音声コードとは、印刷物に掲載された文字情報を約2cm四方の二次元コードに変換したもので、身体障害者福祉法によって給付対象になっている専用の読み取り装置で読み取れるコードです。携帯電話・スマートフォンや専用の読み取り装置を使用することで、記録された情報を音声で得ることができます。メーカーによって「SPコード」と呼称していますが、機能性は同一です。

この音声コードには漢字を含めた約800~1000文字を格納でき、これまで文書からの情報入手が困難であった視覚障がい者の方をはじめ、高齢者など、誰にでもやさしい情報を提供することが可能となります。

そのため、音声で情報を発信できるツールの一つとして、ユニバーサルデザインの観点からも大変注目されています。

また、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、音声コードの需要は増えていくと見込まれます。

当社は視覚障がい者の方への情報支援団体様を訪問し、視覚障がい者の方にとって分かりやすい音声コードの編集方法とは何なのか、実際に視覚障がいの方より直接ご意見・アドバイスをいただきました。当社へ音声コードの作成をご依頼いただければ、「視覚障がい者の方の為に編集された音声コード」を作成させていただきます。

音声コードは2種類あります

  1. 携帯電話やスマートフォンも対応した音声コード(Uni-Voice)
  2. 専用の読み取り装置のみ対応の音声コード(SPコード)

当社ではどちらでも対応しております。

Uni-Voiceコードを専用の読み取り装置で読み取ることはできますが、SPコードをUni-Voiceで読み取ることはできません。そのため当社では、読み取りデバイスが広範に及ぶUni-Voiceを推奨しています。

お問い合わせの時にご相談下さい。

※Uni-Voiceは専用の読み取り装置でも読み取れる仕様となっておりますが、専用の読み取り装置は既に耐用年数をオーバーしている等、機械に起因する理由により読み取りの不具合が発生しているケースもありますのでご注意ください。

コードの位置を表わすために

音声コードがある位置の横には、半円の切り欠きがあります。これは、視覚障がい者の方が触覚によりコードの位置を把握できるようにするためです。

この切り欠きは、音声コードを片面のみに添付する場合は半円を1つ、両面に添付する場合は半円を2つ、用紙の端に入れます。ただし、音声コードの内容に「両面に音声コードがある」ことを記載する場合は半円1つの切り欠きだけでかまいません。

片面に音声コードがある場合
片面に音声コードがある場合
両面に音声コードがある場合
両面に音声コードがある場合

音声コードサンプルダウンロード

サンプルをダウンロードし、600dpi以上の解像度を持つレーザープリンターで印刷していただくと、実際に試聴できます。このサンプルはUni-Voiceで作成しております。携帯電話・スマートフォンでも視聴できます。

障がい者(児)日常生活用具の給付種目です

音声コードを読み取る専用装置は、「視覚障がい者用活字文書読上げ装置」として平成15年度から障がい者自立支援法の障がい者(児)日常生活用具の給付種目となっており、給付対象者は約1割負担で購入することができます。

詳細は、各市町村の障害福祉担当課にご相談ください。

スマートフォンアプリ

下記のアプリでは、Uni-Voiceに対応している音声コードを読み取ることができます。スマートフォン等にアプリをインストールすれば読み上げが可能です。

晴眼者用アプリ「Uni-Voice」

Uni-Voice
Uni-Voice

アプリを起動し、音声コードから5cmほど離れてかざすと読み上げが始まります。一度読み込んだ音声コードの情報は保存でき、いつでも再生できます。

アプリは以下のリンクから無料でダウンロードいただけます。

視覚障がい者用アプリ「Uni-Voice Blind」

Uni-VoiceBL
Uni-VoiceBL

視覚障がい者用アプリ「Uni-Voice Blind」はiOS版のみとなっております。視覚障がい者の方が使いやすいよう、音によってコードから近いのか遠いのかが判断できるようになっています。また、Voice Overにも対応しています。Voice Overについてはこちらをご覧ください。

アプリは以下のリンクから無料でダウンロードいただけます。

実績紹介

埼玉県様 「耳の日 記念のつどい講演会」チラシ

「耳の日 記念のつどい講演会」チラシ3月3日の「耳の日」にちなみ、聴覚に障害がある人たちに対する理解を深め、福祉の増進を図ることを目的として開催された記念のつどいのチラシです。ページレイアウト及びイラスト作成、全ページの音声コード作成を担当しました。

聴覚障がい者の方の中で特に早い時期に聴力を失った方には、漢字の読み書きの苦手な方が多いことから、漢字にルビを振っています。


埼玉県障害者交流センター様 「わいわい広場」

「わいわい広場」「わいわい広場」は、毎月発行されている埼玉県障害者交流センターの広報紙です。A4版4ページ全て編集及び音声コード作成を行っています。


和光市様 「男女共同参画わこうプラン」

「男女共同参画わこうプラン」「第2次和光市行動計画 男女共同参画わこうプラン―男女共同参画社会の実現をめざして―」は、平成17年4月1日に施行された「和光市男女共同参画推進条例」に基づいて「男女共同参画わこうプラン」を見直し、平成18年3月に制作されたものです。ページレイアウト及びイラスト作成、全ページの音声コード作成を担当しました。


越谷市様 「越谷市バリアフリーマップ(愛称:おでかけマップ)」

「越谷市バリアフリーマップ」「越谷市バリアフリーマップ別冊:トイレマップ」おでかけマップでは、障がい者や高齢者、乳幼児をお連れの方などが安心してまちに外出し、行動範囲を拡大できるよう、公共施設等のバリアフリー情報(出入口の構造・エレベーター・点字ブロック・トイレ)を紹介しています。平成23年3月に改訂版が発行されました。
本誌および別冊のトイレマップのページレイアウト及びイラスト作成、全ページの音声コード作成を担当しました。

音声コードマニュアル

原稿データの仕様について

Microsoft Wordで作成した文字情報データをご提供ください。他の形式でのデータでご提供の場合は別途ご相談ください。表やグラフなどの情報がある場合、編集方針によって原稿データに必要な情報が変わります。こちらも別途ご相談ください。

当社では、制作工程において必ず実機を使って音声の確認を行っています。

注意点

  • 印刷物の内容と音声コードの内容を全く同じにする必要はありません。視覚障がい者の方にとって分かりやすい読み上げ方法などもございますので、音声コード作成経験豊富な当社にご相談ください。
  • コードをページ内に追加するためには、ページ端から縦横40mmのスペースが必要になります。
  • 視覚障がい者の方は、ページの表面の右下にコードがあると認識しています。裏面は切り欠きのすぐそばにコードをつけます。コードや切り欠きを左右上下につけてしまうと視覚障がい者の方は冊子の上下、表裏が分からなくなってしまいます。そのため、やむを得ずコードが1ページに2つになってしまった場合は説明の音声をつけ、切り欠きは冊子の下側にのみつけます。
  • Microsoft Wordにて、箇条書きの文頭に自動で作成される段落番号や行頭文字は、認識されません。
  • Uni-Voiceを利用されている視覚障がい者の方の多くがiPhoneを利用しているため、Uni-Voiceを選択された場合、iPhoneで音声確認をさせていただきます。

Q&A

音声コードを作成する上での注意点

以下の事項を事前にご確認ください。音声コードの作成を想定している印刷物の見本をいただけると、より具体的なご提案ができます。PDFをメールでお送りください。

Uni-Voice 、SPコードのどちらのコードを作成するか

携帯電話やスマートフォンに対応する場合は「Uni-Voice」、専用機のみで読む場合は「SPコード」となります。

Uni-VoiceとSPコードでは作成方法が異なるため、ご指定が間違っていた場合は再作成が必要となり追加料金が発生してしまいますのでご注意ください

※Uni-Voiceは専用の読み取り装置でも読み取れる仕様となっておりますが、専用の読み取り装置は既に耐用年数をオーバーしている等、機械に起因する理由により読み取りの不具合が発生しているケースもありますのでご注意ください。

作成をするコードの個数

1個のコードに格納できる文字数には制約があります(最大約1,000文字)。1ページの文字数によってはページ数以上のコードが必要になることもございます

Microsoft Wordでの入稿

音声コード作成はMicrosoft Wordでの作業となりますので、Wordでの入稿をお願いいたします。

印刷用データの有無

印刷用データがあると文字データが編集しやすくなります

印刷物に音声コードを配置する場所があるかどうか

配置する場所が無い場合、紙面の構成を見直す必要があります

音声コードのデータのみをご希望の場合はその旨お知らせ下さい


埼玉県さいたま市の印刷会社・関東図書株式会社 彩の国指定工場・子育て応援企業

本社

〒336-0021 さいたま市南区別所3-1-10
Phone. 048-862-2901  Fax. 048-862-2908

白幡工場

〒336-0022 さいたま市南区白幡3-6-10
Phone. 048-866-2251  Fax. 048-866-2104